プロフィール

セレスの館

Author:セレスの館
「確かな占術・確かな鑑定・心ある占い」でご相談にお答えする代官山占いの館「セレスの館」のスタッフが日々のアレコレを綴ります。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 10月はじめに蠍座に入りました。
 
来年、6月まで、木星とトランスサタニアンが、それぞれサインをまたがず滞在いたします。

土星蠍座と冥王山羊座はセクスタイル(しかもミューチュアルレセプション)

木星双子座と天王星牡羊座セクスタイル

おもしろいことに牡羊座と蠍座、双子座と山羊座、インコンジャンクトの関係

細かな度数を気にせず、ホロスコープフェチの私は浅はかな想像力を働かせました。

書き出しますとたくさんありますので、その一部ですが、

セクスタイルの天体同士は、仲良く働きそうですが、

インコンジャンクトは、不調和、緊張が起こりそうです。

世の中の根本から改革を進めて行きます時に、今まではそれぞれの立場にあった重きから

心の重きを

最先端の技術考え方はたくさんもたらされそうですが、

多すぎる情報、ネットワークの接続部と人の心の重要性がからんで前進と後退が・・・

これらにもしかしますと、一番ディクニティの高い魚座の海王星が、

土星とトライン中、そこへ木星もアプライ中で7月に蟹座でグランドトライン

社会改革を進める中、心の大切さを意識して、

考慮せずとも、

いつも人の心が中心になっていく世の中へ向かってほしい。

                             めぐ姫
スポンサーサイト
 アセンが射手座で、9ハウスや知性の星がらみでもしや法律関係の件か・・やはりでした。

それと、これからの件、チャレンジしたいことやこれからの仕事に必要な準備でした。

明日、藤沢でご予約がありますが、時間が午後からとでした。

ホロスコープフェチの私としましては、12時に合わせて作ってしまいました。

明日の月は射手座です。これはこれは・・・12時ですとアセンも。

ううん・・・月の射手座あああ~~

海外に関係?先のこと?木星と金星がセクスタイル・・・きっと楽しいお話が聞かれそうです。

 では、あとは現場で

                              めぐ姫
 今日のご予約のお客様からご連絡がありました時刻から、鑑定内容と結果を少し検証してみたいと思います。

その時、アセンは射手座木星は7ハウス、9ハウスにあります太陽と水星とスクエアー

うう~ん何かにチャレンジ、それぞれ、知性の星と射手座

相手の方がディクニティーは高く、MC近くの9ハウス

もしや、法律的な事にかかわっていらっしゃる?

アセンのルーラーを4度動かしますと太陽と完全にスクエアー

しかし、月は8ハウス内で6度動きますと5ハウス10ハウスルーラーの金星とコンジャクション

そして、MCとセクスタイル

結果、よくはならない、しかし、気持ち的にはまあまあいいかなあ・・

その時、相手のルーラーとは、セミスクエアー

やっぱり、お相手様とは、思いとおりの話し合いにはならないと予想

さあ~あとは現場で

                                めぐ姫

 12日13:30にご予約が入りました。

コンサルテーションチャートを立ててみました。

アセンは山羊、ルーラーは10ハウス天秤、お仕事の事でしょう。00

と、なりますと

お相手7ハウスは蟹、そのルーラーは、7ハウスにあり獅子の0度

アセンと150度、うう~んディフィカルト・・・

ディクニティーはこちら側が優位

あっ・でも

6度動くと、5ハウス10ハウスルーラーとコンジャンクション

そして、アセンと144度、調和

もし、お仕事のお話でしたら、

金星と月のコンジャクションですので、人気にかんけいしますお仕事でしたら、

ここだけの動きのみでしたら、初めは困難をかかえますでしょうが、

よくなります可能性を感じます。

おとは現場で、

                      めぐ姫
 私は15年程まえに、あることについての自分の感情がコントロール不能になりました。

その頃は、ただただその事からどうにかして「逃げる避ける」事はないかと思い悩んでおりました。

しかし、現実問題その現場からは離れます事はできず、回りの人達に愚痴をこぼす事で回りの人に「わかつてもらえた」とその瞬間だけを楽にしておりました。

かなり長い間この事を繰り返しておりました。

この間は何もかわる事はなくむしろ悪化していっている事だけはわかっておりました。そして、私はルーティンをこなす事で心をまぎらわし、避けていました。

しかし、この心の傷はそのままです。辛いのは私です。自分でかえるしかないと考えました。

その一歩は、考え方をかえた事でした。

「逃げる避ける」ではなく、「向き合い受け入れる」にしました。

そのタイミングは、私の9ハウス金星をトランジットの冥王星が通過したときでした。

 21日は、双子座で金冠日食でした。

私はこのことをひそかに、世の中の考えがこまごまとした小さなことからかわっていってほしいと願っております。

                                      めぐ姫

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。