プロフィール

セレスの館

Author:セレスの館
「確かな占術・確かな鑑定・心ある占い」でご相談にお答えする代官山占いの館「セレスの館」のスタッフが日々のアレコレを綴ります。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
moblog_472860.jpg
だいぶ暑くなってきましたね。エアコンがないと過ごしにくい季節到来です!!

水曜日担当しています、優月ですm(__)m

現在代官山『セレスの館』出演中です。

本日優月の右隣には衿奈美帆先生、別室にはセレス玲奈先生が皆様をお待ちしています。

ぜひお近くにいらした際は是非お立ち寄りください。

優月

スポンサーサイト
はじめまして
「優月」(ゆうづき)と申します。
セレスの館、第2、第4水曜日を担当しています。

テレビ局や新聞社での社会人経験を経て、占いカウンセラーの道を歩み始めました。

特に、転職についてや会社での人間関係について、夫との関係、恋愛関係に関する占いを得意としています。


女性においては「妻として」「母として」「職業人として」二足のわらじをはかなくてはならないことも多く、恋愛、結婚、転職、受験、人間関係、家族のことなど本当に悩みはつきませんよね。

きっと多くのストレスを抱え悩んでいる方がたくさんいらっしゃると思います。

そんなあなたの心の疲れを少しでも、解決に導くお手伝いをさせていただきたいと思っています。

優月usa.jpg
手相は、昔も今も人気の高い占いです。
皆さんの中には、書店に並べられている本を手にとられて、ご自分の手をご覧になりながら、読破された方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
ご自分の手の特徴がうまく占えましたか?

つい1週間前のセレス学院の生徒さんのお話です。
スクール2箇所で手相を学習したのだけど・・・実際には人の手は複雑であり、学習したように単純ではないから読み方がわからないので『実践的な読み方のコツを教えて!』という方がおられました。

こうなると、手相って手軽には占ってもらえるのだけど・・・判断はそんなに難しいの??
ということになりますが、ポイントをつかんでとらえていくと難しいものではありません。

手相の本のはじめのページには、一般的に「右手と左手のどちらをみるの?」というページがあります。
本によっては
1)利き手を読む
2)女性は左手で男性は右手・・
3)両手をみて総合的な判断をする・・・

・・・まずこのあたりですでに迷ってしまいます。またさらに
4)ぱっと組んで親指が上に来るほうの手・・・
と、このあたりに来ると、もうさっぱりお手上げです。

実は手相は大脳に関係するのです。
右手の紋章は左脳がつかさどり、左手の紋章は右脳がつかさどります。これは右脳が破壊されると左側の四肢に麻痺が残り、左脳が破壊されると右側の四肢に麻痺が残ることで医学的にも証明されています。
つまり、左手はそのかたの右脳の働きが右手には左脳の働きが証明されているということになります。
つまり、左手にはその方の「潜在意識や潜在能力そして深層心理」が表れていることになり、右手にはその方の「文字や数字に強く・過去のデーターを重要視する」部分つまり現実と向き合い今を生きている手ということになります。

ちょうど昨日のご相談者の男性の手に顕著に現れていました。それを占星術と比較してちょっとご紹介しましょう。
ホロスコープで拝見すると「月と海王星に顕著な特徴がありました」これは場の空気を敏感に感じ取る感受性の強さがあり、イメージを広げたりと芸術的なセンスを持ち合わせていて共通の夢や理想を共有したい欲求を示していますが、
左手の頭脳線が月丘に向かい2本きれいに下垂しています。
左手は親から受け継いだ特長が出るといわれていますが、たまたまなのか?この方のお父様は芸術家だそうです。
一方太陽は土星とアスペクトを取っており、社会的な責任を意識して信頼関係を確立しながら現実的な生き方を示しています。
彼の右手は頭脳線がやや第2火星丘側に(月丘の上小指の下の水星丘との間)向かい、伸びていました。このことから判断すると、彼は右脳的な潜在能力を使いながらコンピューターのシステムエンジニアという職で責任を果たしながら管理職の立場である事実を証明していました。

はじめまして

はじめまして。
実践的な占いを学べる学校「セレス学院」や代官山 占いの館「 セレスの館」を主催しておりますセレス玲奈と申します。

2008年3月、占い鑑定とスピリチュアルカウンセリングで皆さんのご相談にお応えする新しいタイプの占いサロン「「 セレスの館」を代官山に開きました。

セレスの館の占い師やスピリチュアルカウンセラーの体験談、占いについてのお話、日々思うことなどをブログを通じて皆様に発信したいと思い、このフォーチューンダイアリーを始めることにいたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む »

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。