プロフィール

セレスの館

Author:セレスの館
「確かな占術・確かな鑑定・心ある占い」でご相談にお答えする代官山占いの館「セレスの館」のスタッフが日々のアレコレを綴ります。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手相を見る場合は、手のひらの「丘」について知っておくと大変便利です。

今日は「丘」についてお話します。

手のひら全体を見てみると、幾個所か周りがふっくらと盛り上がっていることに気付かれるでしょう。

西洋手相の大家である[キロ]によると

人の運命は太陽・月・火星・金星・木星などの、

天体の影響を受けていると考えられていて

各所に占星術に用いられる天体の名前が使われています。


①まず親指の下の大きな広いふくらみを金星丘といいます。
体力や行動力そしてスタミナを見る丘です。

②人差し指の下のふっくらとした盛り上がりを木星丘といいます。
 ここでは 向上心や指導力を見るところです。

②中指の下のふくらみを土星丘といいます。
 ここでは忍耐力や責任感また思慮分別などを見るところです。

③薬指の下のふくらみを太陽丘といいます。
 ここではその人の魅力や芸術性そして人気などを見るところです。

④小指の下のふくらみを水星丘といいます。
 ここでは思考力や社交性、金運そして子供運を見るところです。

⑤水星丘の下にあたり手首側の丘のことを月丘といいます。
 ここでは想像力や神秘性そして芸術的な感覚などをみるところです。

⑥木星丘と金星丘の間にあるくぼんだ丘のことを第一火星丘と言います。
 ここではその人の積極性とか攻撃性また行動力を見ていきます。

⑦水星丘の下を第二火星丘といいます。
 ここでは忍耐力と自制心を見ていきます。

このほか手のひらの中央を火星平原、手首のすぐ上を地丘と言っています。


金星丘と太陽丘の説明では占星術の象徴とは全く逆の意味になりますが・・・・

キロの時代からこのように扱われており、

ほとんどの占い師のかたも、疑問にすら思わないのが
なんとも不思議なことです。

セレス玲奈はお教室ではこれについては
「金星丘と太陽丘の説明は占星術の象徴とは全く逆の意味になります!!」と

 このように説明しています。


★明日は「ワンデイレッスン手相講座」

10分で鑑定できるコツ!のお話をします。


興味のある方はぜひお待ちしてま~す。
今後「簡単手相占い」を順次ブログ掲載してまいりますのでご期待ください。

                          セレス玲奈

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。