FC2ブログ

プロフィール

セレスの館

Author:セレスの館
「確かな占術・確かな鑑定・心ある占い」でご相談にお答えする代官山占いの館「セレスの館」のスタッフが日々のアレコレを綴ります。


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


6月19日は満月ですね。
満月のときに「願い事をするとかなう」と耳にすることがあります・・・。
6月19日の02時30分に「お願い事をする」と、良いことがあるかもしれませんね

占星術的に説明しますと 
満月とは、太陽と月が地球を挟んでオポジション(180度)になる時をいいます。      
新月とは、太陽と月が合(ごう)(同じ度数)になる時をいいます。

新月も満月も、占星術で扱う天体の中で、もっとも明るい光である「太陽と月」が関わっています。
そこで、新月も満月も私たちが体験しているさまざまな要素を一度にまとめて意識することを可能にするといわれています。

月は29日ぐらいで満ち欠け(満月~新月)をくりかえしますが、これは私たちの1月のリズムに関係しています。

この1月のリズムに合わせて、新月や満月というタイミングで動機や体験が強く意識され、地球上の生き物や、個人やまた大勢の社会の心理の中に、刻まれるのことになります。
つまり個人的な体験の場や集団の意識のなかにも刻まれることになります。

新月で活動の動機や見通しがつき、満月の時に、その課題がある形になっているか、もしくは結論が出ていたりしやすいといわれています。

このことから、一般では満月の時に「願い事を3回唱えるとしあわせになれる」といわれているのではないでしょうか?(新月のときにまず動機として掲げた方が効果的かも)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |